野菜って腸内フローラに良いのかな?

最近は腸内環境や腸内フローラという言葉を良く聞きますね。私自身も腸内フローラや腸内環境を意識した食事を心がけています。食事のメニューとしては野菜中心の食生活にしているのですが、これって本当に腸内フローラに対して有効なのでしょうか?色々と調べてみました。

野菜(食物繊維)は腸内をキレイに

腸内フローラが良い状態というと、様々な体の不調の原因になる悪玉菌よりも、善玉菌が優勢な環境を作ることだと思います。食べた食べ物が腸内に留まりなかなか排出されないとドンドン腐敗が進み腸内環境は悪化します。そうならないためにも野菜(食物繊維)を豊富に摂取する事はとっても大切です。特に野菜不足な上にお肉中心の生活を送っている方は腸内環境が悪化しがちなので注意しましょう。

ヨーグルトなどの発酵食品も摂ろう!

皆さんご存知だと思いますがヨーグルトやキムチなどの発酵食品も腸内フローラに良い影響を与えてくれます。最近では生きた菌を腸内まで届けるプロバイオティクスが何かと話題になっていますが、実はこれらの菌は生きているか関係なく効果を発揮してくれます。現にカルピスは製造過程で菌の活性が失われてしまいますがそれでも腸内フローラに良い影響を与えてくれます。

忙しい人は腸内フローラサポートサプリでしょ

でも、外食が多い方や自炊をしていない方にとって栄養バランスの良い食事メニューを考えるのは大変ですよね。そんな方は必要な栄養素をサプリメントで補いましょう。腸内フローラサポート菌が必要な場合はビセラというサプリメントがオススメです。含んでいる菌の数、量も多いですし、特殊加工されたカプセルが腸まで確実に届けてくれます。ビセラは口コミやレビューでも評価が高く効果が期待できる商品です。

もしも腸内環境や腸内フローラを意識したサプリメントを探しているのならビセラをお勧めします。ビセラの効果や口コミを知りたい場合は『https://gathergroup.net/』を参考にして購入を検討するのが良いと思います。

男の肌も女性のようにキメ細かく美肌になれるの?

最近では男性でも美意識が上がってきて、スキンケアを気にする人も増えています。男の人でも女性に負けないぐらい肌が綺麗な人も増えていますね。

男性の肌の特徴というと皮脂の分泌量が多かったり皮膚が厚いなどの特徴があります。その為、男性と女性では肌質が違います。ただ、男性の肌だからといって美肌に慣れないというわけではありません。

男性でも女性のようにキメ細かい美肌になる事は可能なのです。当ページでは男性でもキメ細かい肌を目指すために男性に実践して欲しい肌習慣をまとめてみました。

紫外線対策を怠るな

女性の場合はちょっとでも外出するときには、日焼け止めをつける人が多いですが、男性の場合は日焼け止めに対する意識が低めです。10年後に綺麗な肌を保っていたいのなら小まめに日焼け止めやUVカットを行いましょう。

紫外線によるダメージは肌にとってデメリットしかありません。健康的で美しい肌を保つためには紫外線によるダメージを極力カットしましょう。

保湿ケアも重要

皮膚内の潤いが低下すると肌のバリア機能がしっかりと機能しなくなり、紫外線や乾燥などの外的刺激に対して抵抗できなくなってしまいます。肌に潤いを与える保湿ケアは男性だけではないですが、とっても重要です。

最近の研究では、保湿ケアに使う化粧品はそこまで高価なものでなくても良いという研究結果が出ています。その要因の一つに化粧品の肌への浸透力があります。どんなに肌に良い良質な成分でも角質層の先まで浸透しないとそこまでの効果がないからです。

保湿化粧品を選ぶ場合は肌内部への浸透力が高いものを選びましょう。ただ、化粧品に詳しくないと、どんな製品が良いのか分からない方も多いでしょう。

ちなみに私はローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使っています。保湿ケアは勿論、美白ケアまでできるのが特徴で、保湿力が高いセラミドも豊富に入っているのもとっても良い点です。

そこまで値段も高くないので男性の方にもおすすめです。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの詳細はhttps://www.niryousansou.com/に掲載されているので参考にしてみてください。使い心地もサラサラしているので男性でも使いやすいと思います。

タマゴの表面のブツブツって何?


タマゴを沢山触っているとたまにブツブツ、ザラつきがあるタマゴがありますね。あのブツブツは何なのでしょうか?

タマゴは鶏が生んだもので人工物ではなく、自然物なのでイレギュラーがあって当然なのですが、あのブツブツが何なのか調べてみました。危険性はないのか?ブツブツがない方が良いのか?などを調べてみました。

タマゴの殻のブツブツはあっても問題なし

卵の殻に存在しているブツブツはあっても大丈夫で、その卵を普通に食べても問題ありません。タマゴは表面をクチクラという膜で覆われていて、微生物や細菌の侵入を防いでいるそうです。その膜は鶏がタマゴを産み落とす直前に分泌されるそうです。

その時にブツブツやザラザラが出来てしまうんですね。また、昔はブツブツが配送中など擦れたりすると取れてしまうためブツブツがある事が新鮮さの証とされていたそうです。ですが近年では卵の表面を洗浄して殺菌している場合も多くこのクチクラも洗い流されている事も多いそうです。

どちらにしても、タマゴの表面にブツブツがあったとしても問題ないそうです。

タマゴの表面は汚い?

良く聞くのがタマゴの表面はサルモネラ菌などの雑菌や細菌で汚れているので冷蔵庫の扉の内側などにあるドアポケットでは保管しないようにという事を聞きます。実はこれはほぼ正解らしいです。鶏は卵と排泄物が通るとおころは同じですが、、上記でも書いたように最近の卵はしっかり滅菌されている商品も多いです。

なので、タマゴの表面は綺麗な物もあります、ただし、タマゴは温度変化に弱いです。温度が急激に変わり結露が付着すると、タマゴの表面に無数に空いている気孔と呼ばれる目に見えないほどの小さな穴から水分が侵入して内部で雑菌が繁殖してしまうそうです。

その為、温度の変化がある冷蔵庫のドアポケットには置かない方が良いのです。またドアポケットは振動もしやすいのもタマゴの保管場所として不向きです。

出来ればタマゴは買ってきたパックのまま冷蔵庫の奥の方にしまいましょう。また、タマゴはサルモネラ菌などの心配もあります。賞味期限や消費期限はしっかりと守り、不安な場合はしっかりと加熱してから食べるようにしましょう。

脳に健康的な休憩の取り方

仕事をしていると休憩時間を何度となく挟みますよね。皆さんはどのように休憩時間を挟みますか?現代だとスマホをいじってニュースなどを見るという人も多いかもしれません。実はコレってあまり良いことではないそうなんです。 続きを読む

ウズラの卵は美肌に最適、ビタミン豊富

ウズラの卵は昔から愛されていて東南アジアなどでは精力強壮剤として食べられていたみたいです。しかもウズラの卵って美味しいですしね。その上栄養素も豊富なんです。

女性に嬉しいビタミンが豊富なので美肌を目指している女性にもおすすめです。その中でも注目すべきはビタミンB1、B2です。ビタミンB2は美容のビタミンとも言われ細胞の再生をサポートしてくれるので、皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

ダイエットにも良い栄養素も入っている

もちろん卵なので食べすぎは禁物ですが、(ウズラの卵一個23キロカロリーぐらい)ビタミンB2はエネルギーの代謝も促してくれるのでダイエット中にも摂取したい食材です。女性としていつまでも綺麗でいたい、健康でいたいという人にはピッタリの食べ物です。

その他の栄養素も豊富

ウズラの卵は鶏の卵同様、栄養素が豊富です。ビタミンB2の他にも糖質の代謝をサポートするビタミンB1や肌の健康を維持するビタミンA、ヘモグロビンの生成を助けるビタミンB12と葉酸、鉄分と女性には嬉しい成分をたくさん含んでいます。

貧血の女性は積極的に摂取しましょう。

ピクルスにするとチーズになる?

ウズラの卵のおすすめの食べ方はウズラの卵のピクルスです。酢、塩、砂糖と水を混ぜたものを沸騰させて、そこに殻をむいたウズラを漬け込むだけなので超簡単です。しかもしっかりと漬け込むとチーズの味がするので美味しいです。ウズラの食べ方に迷ってしまった人は試してみてください。

美肌に大切なのは日々のスキンケア

いくらウズラの卵が美肌に良いからと言って日々のスキンケアを怠ってしまうと肌荒れを起こしてしまいます。特に男性(メンズ)は紫外線対策や乾燥対策が疎かになりがちです。普段から保湿ケアなどをしっかりと行うようにしましょう。

何から手をつければいいのか迷ってしまっている人は、スキンケアの基本は洗顔です。洗顔方法やメンズ洗顔料にこだわりましょう。スキンケアの方法やおすすめの洗顔料を見つけるならこのサイトがおすすめです。

海水浴は美肌に効果アリなの?

私は釣りや海水浴が大好きです。でも海に行って気になるのが紫外線ダメージなんですよね。海に行くと基本的に隠れるところがないですし、海の反射による照り返しもあるので更に焼けてしまいますよね。紫外線によるUVダメージはシワやシミの原因になるなど、アンチエイジングの面から見ても避けたい外的要因ですね。でも、最近知ったのですが実は海水浴自体は美肌に効果があるらしいです。

海水浴で美肌に近づく?

海水には塩化ナトリウム、塩化カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれていますが、このミネラルに美肌効果があるそうです。マグネシウムは不足するとターンオーバーが乱れたり、新陳代謝の低下と共に肌のバリア機能の低下につながってしまいます。角層のバリア機能が低下すると紫外線やホコリなどの外的要因からのダメージを受けやすくなってしまいます。マグネシウムには美肌作りに優しい効果があるそうです。それって経口摂取だけでしょと思ってしまいますが、実際にアトピーで悩む人が海水浴の実施で症状が緩和されたというケースもあるそうです。その他にも湿疹や乾癬などにも良いとされています。

塩洗顔

塩を使ったスキンケアとしては塩洗顔という方法もあります。塩洗顔とはスーパーなどで販売している塩を使って洗顔をするというもので、塩洗顔を行う事で古くなった角質や黒ずみを落とすピーリング効果があるそうです。塩に含まれているナトリウムイオンはたんぱく質を溶かしやすい性質があるので、ニキビや肌トラブルの原因である角質汚れを取り除いてくれるそうです。普通肌や脂性肌の人はスクラブ洗顔料のように少しの水に溶かしペースト状にして優しく洗顔すると良いです。敏感肌など肌が弱い人はぬるま湯に小さじ一杯の塩を入れて溶かし、刺激にならないように擦らないように優しく洗顔しましょう。塩洗顔をしてヌルツキを感じたら皮脂が溶けてる証拠みたいです。

頻度は少なく

スクラブを使った洗顔やピーリングもそうですが、週に何度もやるのは良くありません。1週間に1度ぐらいに留めましょう。また、洗顔後は保湿成分や美容成分をしっかり浸透させ乳液やミルクでしっかり蓋をしましょう。また、肌には個人差があるので塩洗顔をする時は塩を溶かした水溶液から始めて徐々にペースト状の洗顔にチャレンジしていくのが良いと思います。海水浴もそうですが、塩には美肌に良い効果があると改めて実感できました。

腕をぐるぐる回すと四十肩にならない?

数日前より首がすごく痛くて、常に寝違えたようになっていました。仕事が忙しかったのでそのまま頑張っていたのですが、どうにも我慢ができなくなってしまって自宅の近くのカイロプラクティックに行きました。

このカイロプラクティックは地元では結構有名な所で、スポーツ選手なども訪れるそうです。予約制なのですが、人気なのであまり予約が取れないんですよね。

おととい行ってきたのですが、先生の腕が確かなのでだいぶ良くなりました。首が痛かったのでもちろん首の付け根をメインに施術してもらったのですが、その他にも肩回りも施術してもらいました。

先生曰く肩と首は関係が深く両方施術することによって、さらに状態が良くなるそうです。

四十肩対策の体操を教えてもらいました

施術が終わった後に肩の動かし方や体操の仕方を教えてもらいました。小まめに腕を動かすことで四十肩にならないそうです。また、ラジオ体操も四十肩にならないために有効だそうですよ。

教えてもらった肩の運動は肘をまげて腕をぐるぐると回すというものです。いきなり大きく回すと肩を痛めることもあるらしいので、まずは腕をたたんで小さく回し、それから大きく回すのが良いそうです。

これから毎日やっていこうと思います。以前野球をやっていたので腕の可動率は良いのかなと思っていましたが、もう何年もしっかり運動していなかったのでかなり体が硬くなっていました。

ぶら下がりも良いそうです

昔ぶら下がり健康法が人気になりましたが、カイロプラクティックの先生が言うには何かにぶら下がり体重を腕と肩を伸ばすのも四十肩に良いそうです。この運動も家で簡単にできるので毎日実践してみようと思います。

実際に四十肩になってしまうと身体を動かしにくくなってしまうので、未然に腕のストレッチをしながら四十肩にならないように防ぐことが大切ですね。

今年は柔軟やストレッチを繰り返し、身体を柔らかくしてケガをしない体づくりを目指していこうと思います。